スタッフ紹介

委員長

高田 哲

神戸市総合療育センター 診療所長
(子ども家庭局 担当部長)

神戸大学名誉教授

“子どもを育てる”ということは、“未来を創る”ということだと思います。少しでも“未来を創る”お手伝いができれば幸せです。


副委員長

藤原 学

神戸新聞社

DX推進局 局次長

但馬生まれの但馬育ち。27年間、記者をしてました。
子育てしているお父さん、お母さんが笑顔になれる。そんな情報発信を心掛けます。


委員

小島 光華

藍野大学

看護学部

我が家の3人の子どもたちは、成人し自宅から巣立っていきました。
これからは親の介護・看護と仕事の両立になりますが、引き続き子育て支援に携わっていきたいと思います。
小さく生まれたお子さんの親子教室に参加しています。お気軽にご相談ください。
1500G未満で生まれた赤ちゃんとその家族のための子育て支援教室YOYOクラブ


委員

髙田 佳代子

一般社団法人Babyガーデン

代表理事

お孫っちが生まれ、ばばちゃん活動、略して「ばば活」始まりました(^^)
ママたちがゆったり過ごせる「Babyガーデン」を運営しながら、これからも子育て家庭に寄り添っていきたいです。


委員

藏原 亜紀

NPO法人育ちあいサポートブーケ

代表理事

転勤族育ちで地元不明の私ですが、子育て支援活動を通して地域に仲間入りさせてもらっています。
ご縁あっての色々な出会いの中でいまだ成長途中の「そこそこのおとな」。まだまだこれから。。よろしくお願いします♪


委員

奥原 大樹

神戸新聞社

報道部デスク

大学生の一人息子は、コロナ禍にあっても、授業に、部活に、バイトに、と忙しいようで、「大人の階段」を一歩ずつ登っているのを実感します。
一方でよく思い出すのが幼いころの出来事。
彼と向き合う中でいろんなことを学んできました。〝子育ては親育ち〟。いま、この言葉を改めてかみしめています。


スタッフ

森 恵子

神戸新聞社

以前から「すきっぷ」と縁があり、このたびメンバーに加わらせていただくことになりました。
“楽しい”だけでなく、気になることがスッキリするような、充実した情報をお届けできるよう、精進していきます!


スタッフ

黒田 勝俊

神戸新聞社

高校生の長女は「家だとダラダラしてしまう。自律的な生活がしたい」と寮生活を始めました。中学生の次女も少しずつ将来を思い描いているようです。
心配や寂しさはありますが、自分の足で立とうとし始めた姿に元気をもらっています


スタッフ

武藤 邦生

神戸新聞社

2人のこどもは高校生と中学生になり、相手にされることも少なくなりました。
きょうはどんないたずらで気を引こうかな、なんて考えている、成長しない父親です。


スタッフ

亀井 元治

神戸新聞社

2021年5月に生まれた、2人目の孫の朝光(あさひ)です。
よろしくね!


スタッフ

萩原 真

神戸新聞社

保育士を目指す高校生の娘、知的障害と自閉症のある長男、歳の離れたパワフルすぎる次男との、山あり谷ありな日々をブログ【降っても晴れても すきっぷびより】でお届けしています。情報発信グループ「どんな子も暮らしやすい西宮を考える会」代表としても、(ほそぼそとですが)活動中♪


LINE
Instagram

カレンダー

閉じる
イベントを探す

8月のイベント

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
28 29 30 31      

もうすぐ始まるイベント

15日(土)
16日(日)
17日(月)
18日(火)
19日(水)
20日(木)
21日(金)
イベントを探す
カレンダーを閉じる

「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議

閉じる

神戸新聞子育てクラブ「すきっぷ」は「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議各団体の支援を受けて運営しています。