2022.02.17update

学級閉鎖などで仕事ができない方の支援制度【小学校休業等対応助成金・支援金のご紹介】

2022年02月17日

  • フェイスブック

コロナ禍の影響で、保育園・幼稚園や小学校などの学級閉鎖が多くなっています。

仕事を休まざるをえなくなった方もいるのではないでしょうか?

厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症の影響による小学校や保育園、幼稚園などの臨時休業等により、仕事ができなくなっている保護者の皆さんを支援するため、下記制度を設けています。

ひとりで悩まずに相談してみてくださいね。

※令和4年3月31日までの休暇が対象です。

------------------------------------------------

■小学校休業等対応助成金(事業者向け)

労働者(保護者)に有給の休暇を取得させた事業主への助成金

※労働者(保護者)個人が申請する際の手続きが簡略化されています。詳しくはお問い合わせください。

詳しくはコチラ

小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口について

※「企業にこの助成金を利用してもらいたい」等、労働者の方からのご相談内容に応じて、企業への特別休暇制度導入・助成金の活用の働きかけ等を行っています。

------------------------------------------------

■小学校休業等対応支援金 (委託を受けて個人で仕事をする方向け)

子どもの世話を行うために契約した仕事ができなくなった保護者への支援金

詳しくはコチラ

------------------------------------------------

【制度の内容や手続きのお問い合わせ】

・コールセンター 0120-60-3999(受付9:00~21:00[土日祝日含む])

・兵庫労働局特別相談窓口 078-367-0850 (受付8:30~17:15[土日祝日除く])

□対象者に係るQ&Aはコチラ

□対象となる小学校等とは

・小学校、義務教育学校の前期課程、各種学校(幼稚園又は小学校の課程に類する課程を置くものに限る。)、特別支援学校(全ての部)

※障害のある子どもについては、中学校、義務教育学校の後期課程、高等学校、中等教育学校、高等専門学校(第1学年から第3学年まで)、専修学校(高等課程に限る。)、各種学校(高校までの課程に類する課程)等も含む。

・放課後児童クラブ、放課後等デイサービス

・幼稚園、保育所、認定こども園、認可外保育施設、家庭的保育事業等(保育ママ等)、一時預かり等を行う事業、障害児の通所支援を行う施設等が対象となります。

☆厚生労働省公式LINEアカウント 友だち追加はこちらから

------------------------------------------------

■関連ニュース

臨時休園・休校で「休業助成金」働く保護者らの相談急増 利用「ハードル高い」と不満も

※閲覧にはすきっぷの会員登録(無料)が必要です。

  • フェイスブック

お知らせ