おでかけ&イベント

ろくろ首、三つ目小僧…「神戸人形」200点ずらり 姫路・日本玩具博物館で企画展

2021年02月20日(土) ~ 2021年08月31日(火)
(休館日:水曜日)

歴代の人形作家が手掛けた神戸人形などをそろえた企画展=日本玩具博物館

神戸生まれの木製からくり人形「神戸人形」の企画展が、
姫路市香寺町中仁野の日本玩具(がんぐ)博物館で開かれている。
代表的な作家による「ろくろ首」や「三つ目小僧(こぞう)」の姿をした人形など、約200点が並ぶ。
8月31日まで。
神戸人形は、明治中期に長田神社(神戸市長田区)の参道にあった商店で誕生したとされる。
目や舌が飛び出すお化けを表したものが多く「お化け人形」とも呼ばれた。
当初、茶色だった人形の色は、昭和10年ごろから黒く塗られるようになった。
戦前は神戸を訪れる外国人観光客が土産として買っていたという。
企画展には、アメリカに土産物として渡った人形も展示。
台の上で人形が大きな口を開けてスイカを食べたり、酒を飲んだりと、
ユニークな表情をした人形に多彩なからくりが仕込まれている。
戦後、作り手の減少から制作が途絶えたが、
現在は人形作家の吉田太郎さん=神戸市東灘区=が手掛ける。
吉田さんが執筆し、今月下旬に出版される写真集「神戸人形賛歌」(神戸新聞総合出版センター、2200円)
にも同館の収蔵品が登場する。
井上重義館長は「一度は姿を消しそうになった人形。
さまざまな仕掛けと、おもしろい表情を楽しんで」と話している。
午前10時~午後5時。水曜休館。
一般600円、高校、大学生400円、4歳~中学生200円。
同館TEL079・232・4388
(安藤真子)

情報:兵庫おでかけプラス
  • 姫路市
  • 学ぶ
  • 文化芸術

イベントデータ

開催日
2021年02月20日(土)~2021年08月31日(火) (休館日:水曜日)
時間
10:00 ~ 17:00  
開催場所
日本玩具博物館 2号館 小展示コーナー
住所
〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3
対象
はいはい期まで よちよち期 2~3歳 4~5歳 6歳以上 保護者 プレママ・プレパパ 
託児
なし
費用
入館料大人600円、高大生400円、子ども(4才以上)200円
大きな地図で見る

カレンダー

閉じる
イベントを探す

8月のイベント

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
28 29 30 31      

もうすぐ始まるイベント

01日(日)
02日(月)
04日(水)
06日(金)
07日(土)
イベントを探す
カレンダーを閉じる

「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議

閉じる

神戸新聞子育てクラブ「すきっぷ」は「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議各団体の支援を受けて運営しています。