おでかけ&イベント

企画展「くらしのうつりかわり展 米づくりの春夏秋冬」

2021年02月07日(日) ~ 2021年03月21日(日)

明石市立文化博物館 1階特別展示室
(JR・山陽明石駅より北へ徒歩5分)

写真:唐箕(とうみ)

私たちは、春夏秋冬と季節に合わせた生活を、毎年くり返しながら過ごしています。
米づくりも、春夏秋冬、イネの成長に合わせて行われます。
イネの成長に合わせた季節ごとの作業と、作業の間に行われる祈りの行事。
たくさんの良質な米を収穫するための努力や改良の一端を、
明治時代から昭和30年代の道具を通して紹介します。
あわせて昭和時代の生活道具を展示します。
まだ水道・電気・ガスがなかった時代から、高度経済成長期を経て変わっていく生活道具たち。
昔の道具や遊びの体験もでき、知る世代にはなつかしい、
知らない世代はわくわくする、昭和レトロが学べる展覧会です。


☆関連イベント☆
事前予約制 ※参加無料
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、予定を変更する場合があります。

①【おっちゃんの紙芝居】
日時:A 2月14日(日) 、B 3月7日(日)
   14:00~(各回30~40分程度)
場所:同館2階大会議室
定員:各回30名
演者:阿部 元則氏(紙芝居師)
締切:A 2月3日(水) 、B 2月24日(水)必着

②映像上映会【映像でみる昭和の米づくり】
日時:2月20日(土) 14:00~(1時間~1時間半)
場所:同館2階大会議室
定員:40名
講師:当館学芸員
締切:2月10日(水)必着 

③ワークショップ【昔の農具体験&わら製品づくり】
日時:3月20日(土・祝) 14:00~(1時間程度、雨天の場合は昔の道具体験のみ)
場所:同館駐輪場付近(屋外)
定員:10名(対象:小学生以上。小学3年生以下は保護者の付添が必要)
講師:当館学芸員
締切:3月9日(火)必着 


※詳細はWEBサイト、PDFをご覧ください。

  • 明石市
  • 学ぶ
  • 作る
  • 文化芸術
PDFファイルを開く

イベントデータ

開催日
2021年02月07日(日)~2021年03月21日(日)
時間
09:30 ~ 18:30
(入館は18:00まで)  
開催場所
明石市立文化博物館 1階特別展示室
(JR・山陽明石駅より北へ徒歩5分)
住所
〒673-0846
明石市上ノ丸2丁目13番1号
対象
はいはい期まで よちよち期 2~3歳 4~5歳 6歳以上 保護者 プレママ・プレパパ  (関連イベントへの参加は内容により異なります。)
定員
関連イベントは応募多数の場合、抽選。
託児
なし
費用
入館料大人:200円 大高生:150円 (中学生以下:無料)
事前申し込み
ワークショップは往復はがきに必要事項を記入の上、要事前申込。応募多数の場合は抽選。締切日はイベントによって異なります。
大きな地図で見る

主催者情報

主催者名
明石市立文化博物館
主催者サイト
https://www.akashibunpaku.com/index.html
イベントサイト
https://www.akashibunpaku.com/catExhibit/post-23.html
問い合わせ
明石市立文化博物館(電話:078-918-5400)

カレンダー

閉じる
イベントを探す

8月のイベント

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
28 29 30 31      

もうすぐ始まるイベント

25日(木)
27日(土)
28日(日)
01日(月)
イベントを探す
カレンダーを閉じる

「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議

閉じる

神戸新聞子育てクラブ「すきっぷ」は「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議各団体の支援を受けて運営しています。