おでかけ&イベント

六甲ミーツ・アート

2020年09月12日(土) ~ 2020年11月23日(月)

六甲ケーブル山上駅
(作品は他の施設もあります)

六甲山で見られる風景を描き込んだTシャツを並べた大阪府立天王寺高校美術部の作品=11日午前、神戸市灘区六甲山町


毎秋恒例、山上の芸術祭
六甲山を舞台にした毎秋恒例の芸術祭「六甲ミーツ・アート」(阪神電鉄など主催)が12日幕を開ける。
神戸市灘区の六甲ガーデンテラスや安藤忠雄さん設計の「風の教会」など12会場に、
44組の美術家らのユニークなオブジェやインスタレーション(空間芸術)を展示。
11日には現地で関係者向けの内覧会があった。(堀井正純)

 芸術祭は観光振興などを目的に2010年にスタート。
今年はコロナ禍のため一時は開催が危ぶまれたが、野外アート中心でもあり実現にこぎつけた。
「こんな時期だが、アートに触れてもらえる場をつくりたかった」と総合ディレクターの高見沢清隆さん(63)。
ドイツや韓国の美術家は来日できず、リモートの指示で作品を設置した。
屋内作品の鑑賞は入場を制限する場合もある。

 六甲山カンツリーハウスの芝生の丘には、
大阪府立天王寺高校美術部によるTシャツアート100枚が風にはためき波のよう。
シャツにはケーブルカーやユリなど、六甲山ゆかりのモチーフが描かれている。

 六甲高山植物園の森の中には、人間の「鼻」のオブジェが出現。
木の彫刻で作品名は「爽快な空気」。鼻だけが地面に横たわり、不思議な印象だが、
マスク着用を余儀なくされている今、新鮮な空気を呼吸することの喜びについても考えさせる。
地元神戸の芸術家グループ「C.A.P」は、
10年近く使われていないホテルの別館全体を作品化。客室それぞれに個性的な空間を創造している。

 今年は、六甲山上のほかに、有馬温泉やJR新神戸駅も別会場となり、作品が展示されている。

情報:兵庫おでかけプラス

  • 灘区
  • 遊ぶ
  • 自然
  • 文化芸術

イベントデータ

開催日
2020年09月12日(土)~2020年11月23日(月) (9月17、24日は休み。)
時間
(会場により異なる)  
開催場所
六甲ケーブル山上駅
(作品は他の施設もあります)
住所
〒657-0101
兵庫県神戸市灘区六甲山町一ケ谷
対象
はいはい期まで よちよち期 2~3歳 4~5歳 6歳以上 保護者 プレママ・プレパパ 
定員
 
託児
なし
費用
当日券は中学生以上2,500円、4歳~小学生1,000円
事前申し込み
大きな地図で見る

主催者情報

主催者名
六甲山観光株式会社、阪神電気鉄道株式会社
主催者サイト
 
イベントサイト
https://www.rokkosan.com/art2020/
問い合わせ
 

カレンダー

閉じる
イベントを探す

8月のイベント

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
28 29 30 31      

もうすぐ始まるイベント

26日(木)
27日(金)
28日(土)
29日(日)
30日(月)
02日(水)
イベントを探す
カレンダーを閉じる

「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議

閉じる

神戸新聞子育てクラブ「すきっぷ」は「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議各団体の支援を受けて運営しています。