ニュースブログ

まぁるく子育て ブログ

(111)中須賀巧准教授 子どもの「自律」 夢中になれる仕掛け 工夫して

2022年12月11日

  • 繝輔ぉ繧、繧ケ繝悶ャ繧ッ

 勉学、運動、仕事、さまざまな活動の始発点(始めるとき)には、「自律」か、「強制」かの二項対立の教育観が存在すると言われています。
 「自律」とは自身の行動を自分で決定している感覚のことです。これは活動開始を本人に任せるため、活動が始まるまでに時間を費やすが、いったん活動が始まると夢中になり、活動の再現性や継続性が期待できます。
 一方で「強制」とは、誰かに「〇○しなさい」「△△をやりなさい」と言われて仕方なく行動することを意味します。本人のペースに依存せず、活動は即時開始されますが、渋々活動したり、指示待ち傾向が強まったりして、自律を阻害します。また活動の再現性や継続性も期待できません。
 自律と強制どちらを推奨するかは、学校や企業など(もちろんご家庭も含み)、人を育てる際の教育・育成方針の観点として議論が進められています。理想は自ら考え、挑戦し、行動してほしい、そういった自律を育むことではないかと思います。
 ここでは、特に子どもの「自律」に着目し、3歳を迎えた三女の「自律」の芽生えに直面したときの私のエピソードを紹介します。
 お絵描きや文字書きが大好きな3歳になる娘ですが、最初からそうだったわけではなく、ある日、自分から興味を持って、進んで絵を描いたり、文字みたいなものを書いたりし始めたのです。
 そのような活動を表出させた背景には、至ってシンプルですが、家の中にある仕掛けを施していたのです。具体的には、筆記具にクレヨン、ペン、色鉛筆、筆など、また材質やサイズの異なる紙に画用紙、コピー用紙、色紙や段ボールなど、それらを娘の目線の高さに合わせて配置し、後はただ見守るだけです。
 すぐに効果は出ませんが、数日後、突然、本人が筆記具を選びだし、好きな紙に思いのままにグルグルしていました。床に散らばったいろいろな筆記具でグルグルと描かれた紙の量、まさしく娘の壮絶な試行錯誤の痕跡でした。そして彩られた娘の手のひらや指先、そして満面の笑みで握りしめられたペンは相棒になりました。
 ポイントは、子どもの目線に合わせて道具を配置し、それを大人が何度もどうなるかシミュレーションすることです。
 子どもの自律を育むために私たちにできることは、何かを強制させることではなく、子どもたち自らが夢中になれる遊び場や学び場を工夫し、活動をそっと見守ることではないかと感じました。
     ×   ×
 子育てをテーマに、兵庫教育大大学院学校教育研究科の教授らがつづります。
◇原則、第4日曜に掲載します。

▽なかすが・たくみ 1985年、大阪府羽曳野市生まれ、加東市在住。兵庫教育大准教授。専門は体育・スポーツ心理学。体育授業場面やスポーツ活動場面における動機づけ雰囲気の教育的効果を研究。

2022/11/27 神戸新聞

  • 繝輔ぉ繧、繧ケ繝悶ャ繧ッ

まぁるく子育て ブログ

もっと見る

LINE
Instagram

カレンダー

閉じる
イベントを探す

8月のイベント

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
28 29 30 31      

もうすぐ始まるイベント

01日(金)
02日(土)
03日(日)
04日(月)
06日(水)
07日(木)
イベントを探す
カレンダーを閉じる

「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議

閉じる

神戸新聞子育てクラブ「すきっぷ」は「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議各団体の支援を受けて運営しています。