【あまゆーずとあそぼう】(7)コップの中からニョロニョロと <NEXTに動画あり>

2021年05月26日

  • フェイスブック

5月5日はこどもの日。屋根の上を悠々と泳ぐこいのぼり…もいいですが、ニョロニョロと顔を出すヘビも面白いですよ。

息を吹き込むと、紙コップからゆっくりとヘビが登場し、盛り上がること間違いなし!

手軽に集まる材料ばかりです。ヘビの胴体になるのはビニールの傘袋。

雨の日のお出掛けでもらったものを再利用しましょう。破れていないかしっかり確認してね。

作り方はとても簡単。緑の色画用紙を楕円(だえん)形に切り、赤い舌を付けて、

かわいらしい目や鼻を描いたヘビの顔を、傘袋に両面テープで貼り付けます。

傘袋の反対側にストローを差し込み、セロハンテープをぐるぐる巻いて留めます。

穴をふさいでしまわないように気を付けて。

紙コップの底に穴を開け、ストローの端を入れたらもう完成! 

ヘビの胴体をコップの中に隠して、ストローから息を吹き込むと…。

ヘビ使いになった気分で遊んでみてね。「あーやんのヘビはすごくゆっくり出て来たね」「なんでだろう? ゆーみんのはいきおいあったよ」

▼飛び出すヘビ

【材料】紙コップ、使い捨ての傘袋、曲がるストロー、緑の色画用紙、赤い折り紙

【道具】はさみ、のり、セロハンテープ、両面テープ、油性ペン、先の細いドライバー

【1】紙コップの上の円よりも少し大きく、緑の色画用紙をヘビの顔の形に切り出す。赤い折り紙で作った舌をのり付けし、目や鼻を描く

【2】ビニールの傘袋を適当な長さに切り、紙コップと傘袋に油性ペンで好きな模様を描いて胴体を作る

【3】先の細いドライバーで、紙コップの底にストローが通るくらいの穴を開けておく

【4】傘袋の胴体の先にヘビの顔を付けて、もう片方にはストローを少し差し込み、空気が漏れないようセロハンテープでしっかり留める

【5】【3】の穴にストローを差し込み、コップの中に傘袋を折り畳んでしまう。ストローから息を吹き込むとヘビがニョロニョロ出てくるよ飛び出すヘビ

▼下記リンクの「あまゆーずとあそぼう NEXT動画」からご覧ください。

コップの中からニョロニョロと

【アドバイスをいただいた専門家】

▽あまゆーず 尼崎市出身のあーやん(寺内章華(あやか)さん)、ゆーみん(濱田由美子さん)による元保育士デュオ。

交通安全啓発や兵庫県歯科医師会キャラクター「でん太」の歌など幅広い楽曲で県内を中心に活動中。

  • フェイスブック

専門家に聞く