【あまゆーずとあそぼう】(4) この新聞紙がおもちゃになる!?  <NEXTに動画あり>

2021年01月22日

  • フェイスブック

とっても身近にある新聞紙。

実は無限に遊びが広がるおもちゃになるんです。自由な発想で楽しんで。

まずは新聞紙を細かくちぎって頭の上に放り投げる「新聞紙吹雪」。

破る音や感覚がやみつきになりますよ。

大胆にビリビリ破いて紙吹雪を降らせましょう。

散らかっても片付けまで遊びにしちゃえば大丈夫。

お片付けにもってこいなのが「新聞パクパク」。

画用紙に好きな生き物の絵を描いて、口を切り取って、裏側にゴミ袋を付けるだけ。

ゆーみんはリボンがかわいいウサギさん、あーやんはキラキラの目のカエルさんだよ。

紙吹雪を丸めてボールにして、動物の口に入れちゃおう。

新聞紙をぐるぐる巻いて作る剣は定番。

ほかにも「新聞じゃんけん」、

体に新聞紙を貼り付けて落とさないように走る「新聞徒競走」、

新聞紙で服を作ってファッションショーもできますよ。

折り紙として使えば、特大の紙飛行機や折り鶴ができて面白いかも。

新聞はちゃんと読んでから遊んでね!

▼新聞じゃんけん

広げた新聞紙の上に立ち、じゃんけんをする。

負けた人が新聞紙を半分に折り畳み、またじゃんけん。

最後まで新聞紙の上に立っていられた人が勝ち!

▼新聞パクパク

【材料】新聞紙、画用紙、ごみ袋

【道具】はさみ、セロハンテープ、油性ペン

【1】画用紙いっぱいにカエルやウサギなどの顔を描く。

   大きな口を描くのがポイント。

   口をはさみで切り抜く

【2】画用紙を裏返し、口の周囲にごみ袋をテープでとめる。

   紙吹雪にした新聞紙を丸め、口を目がけて放り投げよう

▼下記リンクの「あまゆーずとあそぼう NEXT動画」からご覧ください。

この新聞紙がおもちゃになる!?

【アドバイスをいただいた専門家】

▽あまゆーず 尼崎市出身のあーやん(寺内章華(あやか)さん)、ゆーみん(濱田由美子さん)による元保育士デュオ。交通安全啓発や兵庫県歯科医師会キャラクター「でん太」の歌など幅広い楽曲で県内を中心に活動中。

  • フェイスブック

専門家に聞く