「ナーシングタッチケア」のススメ

親子の触れ合いで不安を軽減。ナーシングタッチケアについて、兵庫大学の小島先生に教えていただきました。

2020年05月19日

  • フェイスブック

新型コロナ禍で自粛が続く中、お疲れがたまっている方も多いのではないでしょ

うか?

人との接触が制限される今だからこそ、タッチケアでお子さまとの触れ合いを楽し

んでいただきたいと思います。

タッチケアにはタッチする方・される方の両方にストレスや不安の軽減、癒し効

果があります。

これは最近よく聞かれる「オキシトシン」というホルモンの働きです。

写真入りで方法を紹介していますが、この通りにする必要はありませんので、お

好きなようにアレンジしてお楽しみください。

方法はこちらから↓

ベビーのためのナーシングタッチケア

いくつかポイントをお伝えします。

○順番通りでなくても、すべての手技をしなくても大丈夫。

 遊びながらおててだけ、おむつ交換の時におしりだけ、ぐずった時にトントンだけ、触れることが大事です。

○お子さまの表情や声など反応を見ながら行いましょう。嫌がる時はやめましょう。

○自分の気が進まない時はやめましょう。

○タッチはゆっくり、やさしく。

○ハグもタッチケアの一つです。たくさんハグしましょう。

【アドバイスをいただいた専門家】

▽小島 光華(こじま みつか)

兵庫大学 看護学部看護学科 講師、助産師。

専門分野:妊娠、出産、子育て

  • フェイスブック

専門家に聞く