Kobe Frog(愛称:美かえる)
フロレンティン・ホフマン 2011

長さ30mあるアスレチック遊具「ゆめ・きずな」
作家・元永定正氏と造形作家・中辻悦子氏ご夫妻で共作

神戸市灘区のミュージアムロードに行ってきました。
兵庫県立美術館から神戸市立王子動物園までの南北約1.2㎞の道です。
パブリックアートが設置され、美術館に行かなくても作品を見られるうれしいエリアです。
作品を探しながら歩く、ちょっとした宝探しのような感じです。
美術館に近づくと、Kobe Frogが迎えてくれます。美術館の周りにも作品があり、まだまだ楽しめます。
もう少し足を延ばすと、なぎさ公園。ここには遊具になっている作品もあり、子供達に人気だそうです。見て、触って、遊んで、作品を楽しめます。

美術館とはまた違う楽しみ方で作品を楽しんでみませんか?(ハリーさん☆)
(C)神戸新聞社