ミント通信

投稿
2022.05.06

神戸市東灘区にある香雪美術館の庭園特別見学会に行きました。
香雪美術館
普段は非公開の庭で、建物を含めて、国指定重要文化財に指定されています。
重厚な門から一歩、足を踏み入れると、そこはうっそうとした森そのものでした。
広い敷地の一角に「諫鼓鶏(かんこどり)」と呼ばれる鶏を模した石像があり、そのいわれがとても興味深いものでした。
昔、中国のある君主が、自分の政治に不満があれば、民衆に太鼓を打たせてその訴えを聞こうとしたのだとか。
しかし、政治に誤りがなかったため、太鼓は一度も鳴らされることなく、ついにはその上で鶏が遊ぶようになった。つまり「諫鼓鶏」は天下泰平の象徴と言われるそうです。
世界中で鶏が太鼓の上でのんびり遊べる日が訪れるといいのですが。(ごま)
(C)神戸新聞社