お知らせ

ミントクラブ会員のみなさまへ、事務局からイベントやサービスなど最新の話題をお届けします。
<ただいま募集中!>頑張る人・地域を応援!「エールファンド」で、ウクライナ&日本人バレエダンサーを応援しよう!インターネット上で資金を集めるクラファン
★定期公演実現で、芸術の街『神戸』をバレエでもっと有名な街に 2024.02.21

神戸新聞社は、個人や地域の夢の実現に、インターネット上で資金を集めるクラウドファンディング「エールファンド」を開設しています。

ユニークな商品の開発や伝統産品の復活、地域を元気にするイベントなどの実現に向け、頑張る人や地域を応援していきます。

【ウクライナから避難してきたプロバレエダンサーと日本人バレエダンサー達の未来へのコンサート開催に向けて】
IBCインターナショナル バレエ カンパニーは、ウクライナから神戸市内に避難してきた同国出身のバレエダンサーとその家族らを、2022年4月から支援してきました。

引き続き彼女らが日本で暮らせるように、バレエに関する仕事を提供するなどの活動を行いながら、日本のバレエ界との交流活動をすすめています。

2023年3月には、芦屋大学の協賛をはじめ多くの方々からのご支援により、初の単独公演『ラ・ぺリ』を開催。大盛況のうちに終えることができました。

同カンパニーは、次の段階として、ウクライナ人バレエダンサーらが安定した生活を送れるように。また、日本人バレエダンサーたちが世界で活躍する場を提供しながら、芸術の街『神戸』をバレエでもっと有名な街にするためのプロジェクトを、新たに立ち上げました。

毎月、劇場でのバレエコンサートを開催したいと考えています。ウクライナ&日本人バレエダンサーらの「未来のコンサート」開催に向けて、皆さまの応援・ご協力をお願いします。

このプロジェクトは実行確約型です。
支援金は5000円(税込み)から。コンサート開催費用(今年5~11月まで毎月)や、活動資金に充てます。

返礼品として出演者直筆サイン入り写真、公演チケット、リハーサル見学などを用意します。受け付け期間は5月末まで。

あなたの想いを託しませんか? 一人でも多くの方のご参加をお待ちしております。

★詳細は、こちらをご覧ください。

【「エールファンド」とは?】
頑張る人や地域を応援するクラウドファンディング(CF)サイト。

ユニークな商品の開発や伝統産品の復活、地域を元気にするイベントなど後押ししたくなる取り組みを、神戸新聞グループでプロジェクト化して資金を募り、皆さんと一緒に兵庫の魅力アップに挑戦します。

エールファンドは、「応援する」という意味の「エール」と、基金(ファンド)を組み合わせた造語。

目標額に届いた場合のみ実施する「目標達成型」(実施しない場合は返金します)と、希望額に達しなくても実施する「実行確約型」の2種類があります。プロジェクトの実施後、資金提供者には返礼として商品やサービスを提供します。

同じシステムを利用しているCFサイトとプロジェクトを相互掲載し、幅広く支援を募ります。紙面でも順次、プロジェクトを紹介していきます。

(C)神戸新聞社