お知らせ

ミントクラブ会員のみなさまへ、事務局からイベントやサービスなど最新の話題をお届けします。
<ただいま募集中!>頑張る人・地域を応援!「エールファンド」で、「神戸で避難生活をしているバレエダンサーやウクライナ本国の避難民」 を応援
インターネット上で資金を集めるクラウドファンディング 2023.11.29

駐日ウクライナ特命全権大使 セルギー・コルスンスキー(博士)氏

神戸新聞社は、個人や地域の夢の実現に、インターネット上で資金を集めるクラウドファンディング「エールファンド」を開設しています。

ユニークな商品の開発や伝統産品の復活、地域を元気にするイベントなどの実現に向け、頑張る人や地域を応援していきます。

【神戸で避難生活をしているバレエダンサーやウクライナ本国の避難民へ、私たちの支援の輪を広げたい。】
駐日ウクライナ大使館、神戸ユネスコ協会、ヴィッセル神戸と連携しながら、神戸リガッタ・アンド・アスレチック倶楽部では、バレエダンサーとともに本国避難民への支援を行っています。

ウクライナ・オデーサバレエ団に在籍していたヴィクトリア・コスティウチェンコさんらは昨年から神戸市内で避難生活を続けています。異国での慣れない生活が続く中で様々な支援を受けながら、今年5月に同倶楽部(神戸市中央区)内にバレエスクール「ジャストダンス」を開校しました。

同倶楽部では、クラウドファンディングでのご支援を呼び掛けています。

実行確約型のファンドで、支援金は2500円(税込み)から。
返礼品はウクライナ産ひまわりの種、レッスン受講、ヴィッセル神戸選手直筆サイン入りグッズなどをご用意しています。
期間は3月末まで。

★詳細は、こちらをご覧ください。

【「エールファンド」とは?】
頑張る人や地域を応援するクラウドファンディング(CF)サイト。

ユニークな商品の開発や伝統産品の復活、地域を元気にするイベントなど後押ししたくなる取り組みを、神戸新聞グループでプロジェクト化して資金を募り、皆さんと一緒に兵庫の魅力アップに挑戦します。

エールファンドは、「応援する」という意味の「エール」と、基金(ファンド)を組み合わせた造語。

目標額に届いた場合のみ実施する「目標達成型」(実施しない場合は返金します)と、希望額に達しなくても実施する「実行確約型」の2種類があります。プロジェクトの実施後、資金提供者には返礼として商品やサービスを提供します。

同じシステムを利用しているCFサイトとプロジェクトを相互掲載し、幅広く支援を募ります。紙面でも順次、プロジェクトを紹介していきます。

(C)神戸新聞社