『赤ちゃんの四季』 神戸大学名誉教授・小児科医 中村肇著 5名さま

「子どもが幸せになる」子育てのヒント

2018年04月30日締切

  • 繝輔ぉ繧、繧ケ繝悶ャ繧ッ

本書は、神戸大名誉教授・小児科医の中村肇さんが県予防医学協会発行の機関紙「あすの健康」に2001年9月からこれまで、年4回にわたって執筆されたコラム64編を1冊にまとめたものです。
 
ベテラン小児科医の視点から、子育てのノウハウだけでなく赤ちゃんを取り巻く自然・社会環境をテーマに、子どもが本来持っている能力を自然体で伸ばすことの重要性、心の温かさ、人と人との触れ合いの大切さを述べられています。

人間の脳は、生後~3歳までの間に活発に発達し、生涯のハードウェアを完成させます。その大切な時期を社会でサポートしようという思いで書かれた本書は、育児中の方だけでなく、幅広い世代で読める内容になっています。


<著者 中村肇プロフィール>
1940年生。神戸大名誉教授、小児科医。新生児や未熟児の研究が専門。同大医学部教授や兵庫県立こども病院院長、阪神北広域救急医療財団理事長などを歴任。


『赤ちゃんの四季』
2017年5月15日 初版第1刷発行
著者・発行: 中村肇
制作・販売:神戸新聞総合出版センター

応募する

ログインされましたか?
まだの方は、「応募する」をクリック後に表示されるページでログインしてください

応募するには、入会登録を!

会員限定のイベントやプレゼントに応募するには、入会登録が必要です。

すきっぷは無料の会員制クラブです。子育てが楽しくなる情報が満載です。ぜひご利用ください。

入会する(無料登録)

  • 繝輔ぉ繧、繧ケ繝悶ャ繧ッ

プレゼント