おでかけ&イベント

世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい

2019年04月20日(土) ~ 2019年06月16日(日)

姫路市立美術館
(JR・山陽姫路駅から徒歩約20分)

写真:チームラボによるデジタルインスタレーション「世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」

デジタルアート集団チームラボ作品展

海外でも注目を浴びるデジタルアート集団「チームラボ」による作品展「世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」(神戸新聞社など主催)が20日、姫路市立美術館(同市本町)で始まる。鑑賞者は、暗闇の中、先端技術を駆使した色鮮やかな映像や音によるインスタレーション(空間芸術)に包まれ、一体化するような美的体験ができる。

チームラボは、東京大工学部出身の猪子寿之代表を中心に、芸術家やプログラマー、デザイナーなど多分野の専門家で組織。鑑賞者を取り巻く壮麗な映像が、人の動きや働きかけで変容し続けるデジタルアートなどを国内外で発表してきた。

本展では、壁に投影された映像の中の「空」「風」「水」「蛍」などの漢字に触れると、その文字の世界が出現し、周囲の映像が変化するインスタレーションを展示。ほかにも、壁面を覆う巨大な波が激しくうねり逆巻き、無限に寄せては返す作品、多彩な鳥や動物を題材にした江戸中期の絵師・伊藤若冲(じゃくちゅう)のモザイクアートのような絵を下敷きにした作品を展示する。

6月16日まで。4月29日、5月6日を除く月曜休館。一般1400円、大高生1000円、小中生600円。同館TEL079・222・2288
(堀井正純)

兵庫おでかけプラス

  • 姫路市
  • 遊ぶ
  • 文化芸術

イベントデータ

開催日
2019年04月20日(土)~2019年06月16日(日) (4月29日、5月6日を除く月曜休館)
時間
10:00 ~ 17:00
(4月27日~5月6日は18時まで)  
開催場所
姫路市立美術館
(JR・山陽姫路駅から徒歩約20分)
住所
姫路市本町68の25
対象
(どなたでもご参加いただけます)
定員
 
託児
なし
費用
一般1400円、大高生1000円、小中生600円 (未就学児無料)
事前申し込み
大きな地図で見る

主催者情報

主催者名
姫路市立美術館、株式会社神戸新聞社、株式会社サンテレビジョン、竹田印刷株式会社
主催者サイト
 
イベントサイト
http://www.city.himeji.lg.jp/art/exhibitions.html
問い合わせ
姫路市立美術館 TEL:079ー222ー2288

カレンダー

閉じる
イベントを探す

8月のイベント

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
28 29 30 31      

もうすぐ始まるイベント

24日(金)
25日(土)
26日(日)
28日(火)
29日(水)
30日(木)
イベントを探す
カレンダーを閉じる

「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議

閉じる

神戸新聞子育てクラブ「すきっぷ」は「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議各団体の支援を受けて運営しています。