おでかけ&イベント

ジュラシック・ワールドにも登場 特別展「恐竜時代の海と空~中生代の海と空の爬虫類~」

2018年07月21日(土) ~ 2018年09月02日(日)

写真:ティラノサウルスの頭部ロボット。突然の開口と咆哮(ほうこう)に驚く子どもの姿も=ちーたんの館

 兵庫県丹波市山南町谷川の丹波竜化石工房「ちーたんの館」で21日、恐竜と同じ時代に海や空で生活していた大型爬虫類をテーマにした夏期特別展が始まった。公開中の映画「ジュラシック・ワールド 炎の王国」にも登場する海生爬虫類モササウルス、翼竜の骨格標本や実物化石など17点が特設コーナーに並ぶ。期間中は、最強の恐竜として名高いティラノサウルスの実物大頭部ロボットも出迎える。
 夏休みに合わせ、「恐竜時代の海と空~中生代の海と空の爬虫類~」と題して企画。注目される機会が少ない大型爬虫類にスポットライトを当てた。
 会場に並ぶのは、約2億5千万年前に始まった三畳紀から、約6600万年前の白亜紀末までの生物。いずれも「陸上で直立歩行する」という恐竜の定義に当てはまらない爬虫類だ。
 イルカのような見た目の魚竜は、長さ1メートル以上の巨大な頭骨レプリカを展示。体長20メートルを超す種もあったという。首長竜や翼竜のレプリカ、イカや魚などを食べていたと紹介するパネルもある。白亜紀の海に生きたモササウルスなどの、貴重な実物化石もあり、陸と違った中生代の海と空の様子がうかがえる。
 神河町から親子で訪れた児童(11)は「海の中にもこんなに大きなものたちがいてすごいと思った」と話していた。
 9月2日まで。会期中は無休。午前10時から午後5時(8月11日~19日はナイトミュージアムとして午後7時半から午後9時も開館)。高校生以上200円、小中学生100円。同館TEL0795・77・1887
(中西幸大)

情報:兵庫おでかけプラス

  • 丹波市
  • 遊ぶ
  • 学ぶ

イベントデータ

開催日
2018年07月21日(土)~2018年09月02日(日) (会期中無休)
時間
10:00 ~ 17:00
(8月11日~19日はナイトミュージアムとして午後7時半から午後9時も開館)  
開催場所
丹波竜化石工房「ちーたんの館」
住所
丹波市山南町谷川1110
対象
はいはい期まで よちよち期 2~3歳 4~5歳 6歳以上 保護者 プレママ・プレパパ 
定員
 
託児
 
費用
高校生以上200円、小中学生100円 (小学生未満  無料)
事前申し込み
大きな地図で見る

主催者情報

主催者名
 
主催者サイト
http://www.city.tamba.lg.jp/site/tambaryu/
イベントサイト
http://www.city.tamba.lg.jp/site/tambaryu/300721-0902kakitokubetuten.html
問い合わせ
丹波市 恐竜・観光振興課 TEL0795・77・1887

カレンダー

閉じる
イベントを探す

8月のイベント

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
28 29 30 31      

もうすぐ始まるイベント

20日(月)
21日(火)
22日(水)
23日(木)
24日(金)
25日(土)
26日(日)
イベントを探す
カレンダーを閉じる

「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議

閉じる

神戸新聞子育てクラブ「すきっぷ」は「すきっぷ‐みんなの子育て」支援会議各団体の支援を受けて運営しています。