【PR】子どもが発する “お母さん大好き”のサインとは?

読む力・考える力-伸びる学力「学研教室」

2016年09月14日

  • フェイスブック

「こどもはお母さんのことが大好き!」と言いますが、ふと「私、本当に子どもに好かれているのかしら・・・」と不安になったことはありませんか?大丈夫、子どもが発する“お母さん大好き”のサインに気づいてあげましょう!

 甘えたり、質問をしてきたり、ニコッとしたり。このあたりは分かりやすいのですが、意外なのはお母さんにだけわがままや文句を言ったり、叩いてきたり。これはお母さんが嫌いだからではなく、甘えからの行動なのです。「お母さんなら全て受け止めてくれる!」と、それだけ親を信頼しきっている証拠なのです。

 サインに気がついたときには、忙しいときでも、少しの時間だけでも良いので応えてあげましょう。忙しいときには「あとでね」でも構いません。手が空いてから「さっきはどうしたの?」で、子どもは十分うれしいものです。

学研教室のサイトへ

  • フェイスブック

これは聞きたい