【PR】幼児期の成長って?

読む力・考える力-伸びる学力「学研教室」

2016年08月10日

  • フェイスブック

 幼児期は一生の成長のなかでもとりわけ著しく成長する時期です。大雑把にいえば生活習慣を獲得していく0~2歳児、退行現象を起して甘えに向かうか、それとも前向きに活動していくかどちらかにでも転ぶ3歳児、また、就学へ向けて社会性や知性がしっかり育ってくる4歳~5歳児。

 幼児期に共通する特徴は、実は、好ましい刺激も嫌な刺激も全て取り入れてしまうことにあります。ですから、子どもが自分でチョイスできないとしたら、周囲の大人が配慮しなくてはいけませんね。終始明るい笑顔で子どもたちが快適に過ごせる空間を作ってあげていただきたいのです。そして、知識のみならず色々な好ましい刺激をお与え続けますよう!

学研教室のサイトへ

  • フェイスブック

これは聞きたい