【パルモア病院 志水先生】 プレママさんのためのQ&A(4)

初めての妊娠は、わからないことが多く、不安になることもあります。 パルモア病院の産婦人科医師、志水香保里先生に、これまで多くのプレママさんから寄せられた質問についてアドバイスをいただきました。今後も、随時Q&Aを掲載していきます。

2019年06月28日

  • フェイスブック

Q:葉酸のサプリメントはいつまで飲んだらいいですか?

A:妊娠初期に脊椎(背中の骨)の形成がうまくいかずに、神経管閉鎖障害(無脳児や二分脊椎)を起こすことがあります。葉酸サプリメントを十分に内服すると神経管閉鎖障害の発生リスクを70-80%減らすことが出来るといわれています。(20-30%は遺伝的要素などが関係しているとも言われています。)

妊娠が判明してから内服するのではなく妊娠を希望する時期からの内服が勧められます。

特に、抗てんかん薬を内服中の方で妊娠を希望する場合には、葉酸サプリメント内服は必須です。神経管の形成のためには妊娠1~2か月前から妊娠12週まででよいといわれています。

===

Q:妊娠中のワクチン接種は何をしたらいいですか?

A:妊娠中は不活化ワクチンであるインフルエンザワクチンの予防接種が可能です。インフルエンザは毎年11~12月頃に始まり、1~3月が流行のピークといわれています。ワクチンを接種してから抗体ができるまで1~3週間かかるため、予防接種のタイミングとしては11月中の接種が理想的と言われています。

一方、生ワクチンは妊娠中に受けることができません。有名なものとして風疹があります。風疹抗体価が陰性もしくは低かった場合(HI法で16以下)には、次回の妊娠もしくは周囲の妊娠可能性のある方への影響を考えて、産後にワクチン接種をお勧めします。ワクチン接種により授乳をとめる必要性はありません。風疹抗体価の低い人は麻疹抗体価も低い傾向にあることから、風疹ワクチンよりもMRワクチン(麻疹風疹混合ワクチン)の接種を勧めることが多いと思います。なお、風疹以外にも麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふく)、水痘(水ぼうそう)も生ワクチンのため、妊娠中は接種できず、抗体が不十分な場合には産後のワクチン接種をお勧めします。

===

Q:妊娠中の「たばこ」は赤ちゃんにどんな影響がありますか?

A:妊娠中の喫煙は流産、死産、子宮外妊娠、前期破水、前置胎盤、常位胎盤早期剥離(胎盤が先にはがれることにより母児ともに危険な状態となる)、早産、低出生体重児、胎児先天奇形などと関連しているといわれています。喫煙によって発生する様々な物質により胎児に十分な酸素が供給されず、またDNA損傷などを起こすことにより器官形成・発達を妨げ、胎児先天異常をおこすと考えられています。たばこにより死産のリスクを40~60%上昇させるとも言われており、妊娠を考えている女性や妊娠中の女性には禁煙を勧めています。

===

【アドバイスをいただいた専門家】

医療法人社団純心会パルモア病院 医員/日本産科婦人科学会専門医

専門分野:産科学・婦人科学

志水香保里先生

  • フェイスブック

専門家に聞く