ピースキルト・プロジェクト

ミントクラブが主催する、心のケアを目的とした東日本大震災被災地復興のための支援活動。被災地に生まれた赤ちゃんへ手作りのおくるみを贈ります。
<活動報告>ことしで4年目を迎えます! 「ボランティア・ミーティング」3月の予定 キルトの作業をご一緒に お茶とお菓子で交流も
2015.02.24

ボランティアさんが縫ったピースワーク

額縁の濃いピンク色が、全体を引き締めます。

オレンジ系の個性的なキルト。

神戸新聞ミントクラブが窓口となっている、東日本大震災復興支援活動「ピースキルト・プロジェクト」の「ボランティア・ミーティング」のご案内です。

神戸新聞ミントクラブが呼びかけて始まった、心のケアを目指した支援活動「ピースキルト・プロジェクト」はことしも地道に継続中です。

2月は有志4人が集まり、4日(水)に作業をしました。3月は4日(水)と18日(水)の14時~16時を予定しています。

会場は、キルトのデザインと、制作指導担当の岡田紘子さんの教室「ピーターラビットのお母さんと仲間達」です。

これまでに集まったピースースワークの色合わせを中心に進めてきました。前回の作業までに、今あるピースのほとんどをセットしました。

これからは、仕上がったトップを綿入れしてキルティングしていきます。また、残ったピースワークの色柄を見ながら、足りなくなった系統の色(赤、青、緑など)の布を使って追加。1枚でも多くのトップを完成していきます。

【「第40回・41回ボランティア・ミーティング」のご案内】
とき:
2015年3月4日(水)・18日(水)、いずれも14時~16時
ところ:アメリカンパッチワーク&キルト教室「ピーターラビットのお母さんと仲間達」(078・303・0659)
アクセス:ポートライナー中公園駅または、みなとじま駅下車、徒歩約5分。
参加費:ひとり1000円(講師料、お茶代、消費税など込み)
内容:ピースの色合わせ、ピース12枚の接ぎ合わせ方などの作業と、ワンポイントレッスン。作業の後、お茶とお菓子で交流します。
定員:5人~7人(要予約)
問い合わせと申し込み:神戸新聞ミントクラブ078・362・7448(平日の10時~17時受付)

【今後の活動】
足りない色系統のピースワークを追加する作業をしながら、ピースワークを縫うときの布選びと色合わせの仕方、縫い方をおさらいしようと思います。

また、色が薄すぎたり濃すぎたりして、なかなか色合わせが難しく、残ってしまっているピースワークについては、布地を一部入れ替えるなどの修正を施しながら、余すことなく使っていくことも考えています。

トップが縫いあがったら、綿入れをして、キルティング仕上げをしてくれるボランティアさんに順次、お渡しして完成させます。

ボランティア活動しながら、楽しくアメリカン・パッチワークの正式な縫い方を身に着けることができます。お時間の都合がよろしければ、ぜひミーティングにおいでください。

【展示会のお知らせ】
少し先の話になりますが、ことし10月、JR加古川駅前の画廊喫茶「ニュービーチ」で、「第2回ピースキルト作品展」を開催予定です。

昨年11月に第1回目の作品展を開いたところ、来場された女性客の方々から、「ことしもぜひ開いてほしい」というリクエストをいただきました。

早速、ニュービーチに問い合わせ、スケジュールを調整。10月の予定に入れていただけることになりました。

ボランティアの皆さんが縫ったベビーキルトの作品を展示します。

詳細が決まりましたら、またお知らせします。

おすすめ

見逃せないコンテンツ

インフォメーション

暮らしに役立つ


(C)神戸新聞社