企画展「発掘された明石の歴史展 明石の近世Ⅱ-出土品が語る城下のくらし-」に10組20人
明石市立文化博物館 2018.10.29締切

和蘭陀人人形(長寿院)

印刷

昨年の明石城築城時の姿を取り上げた「明石の近世」に続き、江戸時代後半期の姿を紹介します。

明石城下を発掘調査すると、瓦や陶磁器などの考古資料が出土します。こうした出土品から、江戸時代の武士や町人のくらしぶりが見えてきます。

10組20人。10月29日締め切り。賞品は発送をもって発表にかえます。

明石市立文化博物館
明石市上ノ丸2丁目13番1号
TEL:078(918)5400

<開催期間>
2018年11月3日(土・祝)~12月9日(日)
<開館時間>
9時30分~18時30分(入館は18時まで)
<休館日>
月曜日
<観覧料>
大人200円、大高生150円、中学生以下無料。
20名以上の団体は2割引
65歳以上の方、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示の方(介護が必要な場合は介護者も)は半額
シニアいきいきパスポート提示で無料
11月23、24日は観覧料無料

応募

※ログインされましたか?
まだの方は、応募するをクリック後に表示されるページでログインしてください。

プレゼントのご応募には
ミントクラブへの入会が必要です
入会 [ご注意]メールマガジンに返信しても応募できません
プレゼント応募方法 パソコンから 携帯電話から

インフォメーション

暮らしに役立つ


(C)神戸新聞社