竹中大工道具館の入館券を5組10人
神戸市中央区 2018.10.03締切

インドネシア・フローレス島リオ族のサオ・リア(大きな家)

印刷

日本で唯一の大工道具の博物館で、大工道具を収集・保存し、研究や展示を通じて後世に伝えていくことを目的とした博物館です。

【企画展「南の島の家づくり-東南アジア島嶼部の建築と生活-」】
東南アジア島嶼部と呼ばれる大小さまざまな島からなる地域に焦点をあて、その建築と生活文化について紹介します。

この地域の主要な民族であるオーストロネシア語族(フィリピン、インドネシア、マレーシアとベトナムにまたがる)は、アニミズムを基層としながら、中国やインド、イスラムの影響を受け、植民地時代以降はヨーロッパからの影響も入り、民族ごとにユニークで多様な建築世界を形づくってきました。

<開催期間>
2018年10月6日~12月2日
<開館時間>
9時30分~16時30分(入館は16時まで)
<入館料>
一般500円、大高生300円、65歳以上200円、中学生以下は無料

5組10人。10月3日締め切り。賞品は発送をもって発表にかえます。

竹中大工道具館
神戸市中央区熊内町7-5-1
TEL:078(242)0216

応募

※ログインされましたか?
まだの方は、応募するをクリック後に表示されるページでログインしてください。

プレゼントのご応募には
ミントクラブへの入会が必要です
入会 [ご注意]メールマガジンに返信しても応募できません
プレゼント応募方法 パソコンから 携帯電話から

インフォメーション

暮らしに役立つ


(C)神戸新聞社