2016年度新収蔵作品11作家73点を公開「新収蔵品展」に5組10人
西宮市大谷記念美術館 2018.02.26締切

川村悦子「ありふれた季節I」(2016年)

印刷

同館が2016年度に寄贈を受け、新たに加わった作品(11作家73点)を一堂に公開します。

主な出品作家は2016年に同館で個展を開催した川村悦子や1967年の第1回ボローニャ展に日本人で唯一紹介された松原直子、1918年に土田麦僊らとともに国画創作協会を創設し後に芦屋や神戸に移り住んだ村上華岳など。

【展示期間】
2018年3月3日(土)~3月25日(日)

5組10人。2月26日締め切り。発送をもって発表にかえます。

西宮市大谷記念美術館
西宮市中浜町4-38
TEL:0798(33)0164

<開館時間>
10時~17時(入館は16時30分まで)
<休館日>
水曜日(3月21日は開館、22日は閉館)
<入館料>
一般200円、小中高大生100円
*西宮市在住の65歳以上の方は無料(証明書提示)
*ココロンカード・のびのびパスポート提示の小中生は無料
*心身に障害のある方および介助者は無料(手帳など提示)

応募

※ログインされましたか?
まだの方は、応募するをクリック後に表示されるページでログインしてください。

プレゼントのご応募には
ミントクラブへの入会が必要です
入会 [ご注意]メールマガジンに返信しても応募できません
プレゼント応募方法 パソコンから 携帯電話から

インフォメーション

暮らしに役立つ


(C)神戸新聞社