お得情報

ミントクラブ会員のみなさまへ、提携店などで受けられるお得な特典の情報をご紹介します。

おとく情報の特典をご利用になるにはミントクラブへの入会が必要です

入会

おうちで過ごそう~STAY HOME~④
プレゼント応募は終了しました 2020.05.26

「バベル」

福田和代さん

「罪の声」

塩田武士さん

新型コロナウイルスの感染拡大防止をめぐっては、自身や大切な人のいのちを思う行動が試されています。今しばらくの“STAY HOME”で、がんばりましょう。そんな皆さんに、今回は兵庫県ゆかりの作家の方々から、素敵なプレゼントとメッセージが届きました。
(神戸新聞 2020年5月11日掲載)

◆福田和代さんの著書「バベル」(文庫本、直筆サイン入り)

社会派の作品で人気がある福田さんからは、原因不明の新型ウイルスの出現と感染爆発でパニックに陥る近未来の日本を描いたバイオクライシス小説「バベル」をサイン入りで。現在のコロナ禍に重なる緊迫の物語です。

【概要】
文春文庫、880円。

【福田和代さんからのメッセージ】
「ウイルスよりもっともっと怖いのは、過剰な恐怖と不安で私たちの心が荒むこと。お時間がありましたら、飲み物とともにお好きな本を手に取って、穏やかな気分でお休みください。よい夢をご覧になりますように♪」

【ふくだ・かずよ】 
1967年、神戸市生まれ。神戸大学工学部卒の元システムエンジニア。2007年、航空謀略サスペンス「ヴィズ・ゼロ」でデビュー。綿密な取材を基に幅広いジャンルの作品を手掛ける。著書に、「TOKYO BLACKOUT」「怪物「」黄金の代償」「梟の一族」「生還せよ」「東京ホロウアウト」「BUG」など多数。
公式ホームページはこちら

◆塩田武士さんの著書「罪の声」(文庫本、直筆サイン入り)

社会の闇を描き出す作品でファンの多い塩田さんからは、“劇場型犯罪”と呼ばれた1980年代半ばの未解決事件「グリコ・森永事件」をモデルに描いた「罪の声」をサイン入りで。

【概要】
講談社文庫、920円。

【塩田武士さんからのメッセージ】
「時間をかけて書いた作品なので、じっくり楽しんでいただきたいです。自由の尊さを痛感する日々ですが、トンネルの向こうはきっと新しい世界です。ともにがんばりましょう」

【しおた・たけし】
1979年、兵庫県生まれ。関西学院大学卒業後、神戸新聞社に勤務。2010年『盤上のアルファ』で第5回小説現代長編新人賞を受賞しデビュー。同署は11年、将棋ペンクラブ大賞を受賞、19年にNHKでドラマ化された。12年、神戸新聞社を退社。16年『罪の声』で第7回山田風太郎賞を受賞、同書は「週刊文春ミステリーベスト10」第一位、第14回本屋大賞第3位に選ばれた。小栗旬・星野源出演の映画化も決定し、累計50万部を超えるベストセラーとなっている。他の著書に『騙し絵の牙』『歪んだ波紋』など。

(C)神戸新聞社