奥さま手帳



2013年1月号

大河で見たい兵庫の偉人伝。

 大河で見たい兵庫の偉人伝。
紙面のバックナンバーはこちら

奥さま手帳インデックスページに戻る。


CONTENTS

黒田官兵衛

2014年の大河ドラマに決定した、姫路生まれの戦国武将・黒田官兵衛のゆかりの地を訪ねて。

官兵衛のホームタウン 姫路へ!

■姫路市観光案内所(姫路市駅前町)
 079‐287‐0003

■姫路文学館(ひめじぶんがくかん/姫路市山野井町)
 079‐293‐8228

■廣峯神社(ひろみねじんじゃ/姫路市広嶺山)
 079‐288‐4777

■御着城跡公園(ごちゃくじょうせきこうえん/姫路市御国野町)

■グリル テンペイ(姫路市本町)
 079‐280‐4697

官兵衛幽閉のナゾ 伊丹

官兵衛が、1年近くも幽閉された有岡城。落城とともに救出される話は、
大河ドラマでも重要な場面となるはず!

■有岡城跡(伊丹市伊丹)
 072‐784‐8090(伊丹市教育委員会社会教育課、土・日・祝休)

■豆富庵さらら(とうふあんさらら/伊丹市伊丹)
 072‐775‐3636

■サンブレッド 伊丹店(伊丹市伊丹)
 072‐777‐5882

播州一の激戦の地 三木

「織田に付くか、毛利か…」と東西に揺れ動いた播州の大名たち。
その説得に官兵衛は苦心し、奔走する。

■三木城址(上の丸公園)(みきじょうし うえのまるこうえん/三木市上の丸町)
 0794‐82‐2514

■三木みらい館(みきみらいかん/三木市緑が丘町)
 0794‐87‐8077

■道の駅みき・みき家(みちのえきみき・みきや/三木市福井)
 0794‐86‐1131




二大陰陽師が決戦!道満・晴明の佐用町へ

映画や小説でおなじみのライバル同士が
最後の呪術合戦に挑んだと伝わる陰陽師の里。

■芦屋道満塚(あしやどうまんづか/佐用郡佐用町)
 0790‐82‐0670(佐用町商工観光課)

■江川ふれあいホール(佐用郡佐用町)
 0790‐84‐0540(岡野)

■味扇(あじせん/佐用郡佐用町)
 0790‐82‐2089




江戸文学の香り 近松門左衛門の尼崎へ

〈東洋のシェークスピア〉とも称される劇作家・近松門左衛門。
京都や大阪の人形浄瑠璃や歌舞伎の世界で活躍したイメージが強いが、
〈近松の里〉と親しまれているのは尼崎の街だ。

■近松記念館(ちかまつきねんかん/尼崎市久々知)
 06‐6491‐7555

■ぼるどー亭(尼崎市南武庫之荘)
 06‐6437‐2981

■松葉寿司(まつばずし/尼崎市塚口町)
 06‐6422‐1234

■宮島庵 杭瀬店(みやじまあん くいせてん/尼崎市杭瀬本町)
 06‐6481‐2673




もっと! ゆかりの偉人たち

ゆかりの場所を訪ね、伝説を知ることで、兵庫のあの偉人がぐっと身近に。
〈ご近所さん〉のように親しみを感じて!

楠木正成

■廣嚴寺(楠寺)(こうごんじ(くすのきでら)/神戸市中央区楠町)
 078‐341‐1894

沢庵和尚

■宗鏡寺(すきょうじ/豊岡市出石町)
 0796‐52‐2333

高田屋嘉兵衛

■高田屋顕彰館・歴史文化資料館
(たかたやけんしょうかん・れきしぶんかしりょうかん/洲本市五色町)
 0799‐33‐0354




おすすめ

見逃せないコンテンツ

インフォメーション

暮らしに役立つ


(C)神戸新聞社