玄武洞

オーベルジュ豊岡1925

出石永楽館

出石城下町

出石酒造

神戸新聞旅行社との合同企画「ひょうご五国 撮り旅但馬編」に同行してきました。

朝7時半に神戸を出発して、姫路駅で姫路組と合流。いざ!玄武洞へ!

到着すると即撮影タイムへ。自分好みの角度で自然が創った大彫刻「玄武洞」を撮影していました。

お次は昼食会場へ移動。豊岡駅近くのフレンチレストラン「オーベルジュ豊岡1925」で上品で優しいランチをいただきました。食事後には元銀行のレストラン内外の撮影も。

お腹も一杯になっても車中はにぎやか。初めて会うもの同士でも会話が弾みます。「撮影」「食事」と同じ目的の旅ならでは光景です。

雨の心配もありましたが、降らずに出石に到着。近畿最古の芝居小屋「出石永楽館」で、ミニ落語鑑賞・舞台裏の見学・撮影を堪能しました。館内案内役の「Q亭はにぃ」さん、ありがとうございました!

出石城下町の自由散策のあと、ツアー恒例の酒蔵めぐり「出石酒造」で試飲とお買い物を楽しみました。

参加者のみなさま!お疲れ様でした。
ご参加ありがとうございます。(がちゃぴん)

次回は11月18、19日の丹波編!
ご参加お待ちしています!

PS
10月21日但馬編に参加された方に「訂正」
同日車中で、次回の丹波編に私「がちゃぴん」は「丹波編は11月18日に同行します!」とお伝えしましたが、仕事の都合で「11月19日同行」となりました。申し訳ございません。
(C)神戸新聞社