玄武洞

永楽館

出石酒造

10月15日に「ひょうご五国 撮り旅 但馬編」に同行しました。

まずは「玄武洞公園」に。階段を上ると玄武洞が見えてきました。おお、いきなりの撮影ポイントです! 隣の青龍洞も素敵です。柱状節理の模様が池に映ると登り龍のように見えるそうです。ああ、確かに見えますね。
近くの「玄武洞ミュージアム」にはお土産コーナーもありました。

お昼は「オーベルジュ豊岡1925」にてコース料理をいただきました。食事後は兵庫縣農工銀行豊岡支店として使われていた店内を見て回りました。豊岡はパリを参考にして街づくりをしていたのですね。

出石城下町は11月4日からはじまる永楽館歌舞伎ののぼりで華やかな雰囲気でした。

町を散策した後は、近畿最古の芝居小屋「永楽館」にて落語を聞きました。舞台と客席の距離が近い、近すぎます。
人力で動かす廻り舞台やセリ、楽屋など、なかなか見ることのできない舞台裏も見学しました。

旅の最後は「出石酒造」にて試飲とお酒をお土産に。

今回も多くの方とご一緒できて楽しかったです。ご参加ありがとうございました。
次回は紅葉の丹波編になります。(ハッピー♪コアラ)
(C)神戸新聞社