退避先で咲いた「菊藻」の花

退避先で元気に育った「菊藻」の水上葉

高御位山の登山口にもなっている「市ノ池公園」(高砂市)の菊藻の花が咲きました。

この公園の池は今年から改修で水を抜いていたため、7~8月にかけて湿地に育つ野草(みそはぎ、さくらたで、ふたばむぐら、あぜな類、いぐさ類、かやつりぐさ類 等)のお花畑のようになっていました。

その中で、8月に例年は水中にあって見ることが困難な「菊藻」の水上葉(水面より上に出る葉)を見つけました。このまま放置すると枯れるおそれがあるため、公園事務所の方許可を得て、この菊藻を退避させていました。

9月10日、昼から天気も回復したので高御位山に登るべく市ノ池公園に行ったところ、この「菊藻」の水上葉に1輪だけですが花を咲かせてくれていました。(高砂市、けんじ)

インフォメーション

暮らしに役立つ


(C)神戸新聞社