翅を休める石崖蝶

飛ぼうと翅を立てた石崖蝶

7月8日、高御位山(高砂市)で「石崖蝶」を見つけました。

もともとは南方系の蝶で温暖化の影響なのか、年々日本を北上し、分布を拡大しているそうですが、まだ珍しい蝶だそうです。

和名は翅に石崖・石垣の模様があることから付けられたもので、別名をいしがき蝶(石垣蝶)ともいうそうです。

現在では、紀伊半島以南、近畿地方以西で見られるようですが高御位山では初めて見る蝶です。(高砂市、けんじ)

インフォメーション

暮らしに役立つ


(C)神戸新聞社