松葉蘭

日陰の岩の壁に数多く自生している松葉蘭

高御位山(高砂市)で多くの「松葉蘭」が自生しているのを確認しました。

葉は無く茎が伸びただけのような植物で、蘭という名前がついていますが、蘭科の植物ではなくシダの仲間です。

他のシダの仲間と同様に花は咲きませんが、「胞子」を付けて繁殖します。

昔は園芸用として多く栽培された古典園芸植物だそうですが、現在では「準絶滅危惧種」に指定されており、自生しているのは珍しいようで、明るい日陰となる急な岩の壁に数多く自生している松葉蘭を見た時は驚きと同時に心の高ぶりを感じました。(高砂市、けんじ)

インフォメーション

暮らしに役立つ


(C)神戸新聞社