女郎花(おみなえし)

男郎花(おとこえし)

鵯花(ひよどりばな)とアサギマダラ蝶

高御位山(高砂市)の尾根筋や斜面で、「女郎花」が黄色い花を咲かせて登山者の目を楽しませています。

また、この「女郎花」と姿形は同じですが花の色が白い「男郎花」も「ヒヨドリバナ」の白い花に混じって咲いています。

「女郎花」と「男郎花」の名前の由来は諸説ありますが、「女郎花」が秋の七草ということもあってよく知られているのに対し「男郎花」はあまり知られていないようです。

「男郎花」は遠目には「ヒヨドリバナ」と見分けがつきにくいですが、近くで見ると違いがよく分かると思いますので、高御位山に登った時は一度探してみてください。運が良ければ、「ヒヨドリバナ」に寄ってくる「アサギマダラ蝶」にも出会えるかも知れませんよ。(高砂市、けんじ)

おすすめ

見逃せないコンテンツ

インフォメーション

暮らしに役立つ


(C)神戸新聞社