お知らせ

ミントクラブ会員のみなさまへ、事務局からイベントやサービスなど最新の話題をお届けします。
<活動報告>楽しく体験! 3月15日(土)開催 第24回ミントさろん「春を描こう ほっこり絵手紙倶楽部」 神戸新聞報道展示室
2014.03.19

受講生らの作品

線の引き方を練習中

体全体を使って筆を動かしながら、曲線の練習

真野先生がお手本を示しています

パンジーを描いています。難しい色も配合して、初めてとは思えないほどの出来栄えです。

神戸新聞読者やミントクラブ会員の交流の場を提供する「第24回ミントさろん」が3月15日(土)10時~13時、神戸ハーバーランドの神戸情報文化ビル・カルメニ2階「神戸新聞報道展示室」を会場に開かれました。

中学生から80代の女性7人が、季節の花を見本に、それぞれの〝春〟を表現しました。

講師は、芦屋市在住、「ほっこり絵手倶楽部」主宰の画家・真野麻美(まの・あさみ)さん。

前半は、筆の持ち方や線の引き方、染色の仕方など段階を追いながら基礎をじっくり。後半は、見本用に用意された季節の花々から画材を自由に選んで作品を仕上げました。

筆はできるだけ上の方を持って、まっすぐに立てる。手首ではなく、体全体を使ってゆっくりと筆を動かして―など、お手本を示し、手を添えながら、分かりやすい説明での手ほどき。

半紙1枚に縦横、曲線の引き方、ひらがなでの名前の書き方を練習したら、本番です。ヤマザクラ、菜の花、チューリップ、スイセン、パンジーなど季節の花々の中から好きな花を選び、ハガキ大の用紙に描きます。

受講生の皆さんは、

「どこをどう見て描けばいいのか…」
「チューリップは意外と難しい」
「ちょっと色が濃すぎたかも」…等々。

おしゃべりをしながらも、見事な集中力で3枚ずつ仕上げました。

最後に、作品を並べての品評会。皆さん、初めてとは思えないほどの出来栄えです。記念撮影もしました。

【ほっこり絵手倶楽部】
子どもから大人まで。初心者の人でも気負いなく参加できる趣味のサークルです。

講師料500円。教材費200円。道具をお持ちでない方には、レンタル料100円で貸し出します。3月から、原則毎月第3土曜日の開催で、次回は4月19日(土)10時~13時。テーマは「野菜を描こう」です。

ただいま参加受付中。ネットでの応募はこちらから。季節感あふれる多彩なテーマの絵手紙に親しみ、絵手紙の世界を深めていきましょう。

★「ミントさろん」へのお問い合わせ★
神戸新聞ミントクラブ(078・362・7448、平日の10時~17時受付)
メールはこちらから

インフォメーション

暮らしに役立つ


(C)神戸新聞社