お知らせ

ミントクラブ会員のみなさまへ、事務局からイベントやサービスなど最新の話題をお届けします。
<いちおしイベント情報>【神戸新聞まつり】神戸ハーバーランドで開催11月3日(祝・土)、神戸新聞本社会場のプログラムを紹介します
<もっといっしょに。 神戸新聞創刊120年>参加申し込みは10月18日(木)必着 2018.10.10

内藤國雄九段

井上慶太九段

「地元シンガーソングライター歌の広場」が開かれるカルメニの正面玄関広場

「将棋まつり」「人形劇団むすび座公演」の会場は、この入り口からお入りください

神戸新聞社は今年で創刊120周年を迎えました。「もっといっしょに」を合言葉に、兵庫県の地元メディアとして皆様と歩んでこられたことへの感謝を込めて、11月3日(祝・土)、4日(日)、神戸ハーバーランドの本社ビル一帯で「神戸新聞まつり」を初開催します。

デイリースポーツは創刊70周年、サンテレビは開局50年。ラジオ関西をはじめ神戸新聞グループ各社を挙げて、地域のみなさんと、ふるさとの明日を考える機会にしたいと思います。

開催初日、11月3日(祝・土)、神戸新聞本社会場で開催のプログラムを紹介します。

なお、事前申し込みや抽選でご招待する催し物については、10月18日(木)必着です。申し込みをお急ぎください。

【神戸新聞まつり=本社会場=初日:11月3日(祝・土)】
各イベントによって開催場所が異なります。また、定員や事前申し込みの必要な催しもあります。いずれも確認の上、ご参加ください。

<将棋まつり>13時~16時半 
会場:神戸新聞本社の商業施設カルメニ3階・兵教ホール ※要申し込み・定員あり
☆ただいま参加者募集中☆ 
100人をご招待(うち指導対局は20人)
※指導対局の20人は13時から、それ以外の80人は14時からのご参加となります
※指導対局の見学は可能です

藤井聡太七段の活躍で将棋界が注目される中、兵庫の重鎮・内藤國雄九段をはじめ、藤井キラーの一門を率いる井上慶太九段や、船江恒平六段、都成竜馬五段、長谷川優貴女流二段ら兵庫ゆかりの棋士たちが出演。将棋の魅力を紹介し、将棋界の今を語ります。

・13時~ プロ棋士による多面指し指導対局(定員20人/応募多数の場合は抽選)

※申し込み時に「指導対局希望」と明記


・14時~ 井上慶太九段、船江恒平六段、都成竜馬五段によるトークショー

・15時~ 内藤國雄九段の特別講演「近ごろ将棋界で気になること」
※高校生以上対象
※別室で、中学生以下対象の「将棋遊び教室」を開催します。


・16時~ 将棋グッズが当たるお楽しみ抽選会

<タイムトリップ神戸新聞>13時半~15時45分 ※要申し込み
会場:神戸新聞本社14階の会議室
☆ただいま参加者募集中☆
定員=小学生以上の約30人
※小学生は大人の方と一緒に参加してください。

神戸新聞の過去の紙面で半世紀を振り返り、新聞の持つ「記録性」から世相や地域の移り変わりなど、興味のある記事を集めて、参加者同士で自分たちだけの新聞を作ってみませんか。

「まわしよみ新聞」の特別編です。

☆「まわしよみ新聞」とは?
みんなで新聞を読み、気になる記事をチェックし、切り抜きます。その中から、さらにイチオシの記事を選んで、自分だけの新聞紙面を編集します。

詳細は、「まわしよみ新聞」のサイトをご参照ください。

ゲストコメンテーター:秋田久子・兵庫県NIE推進協議会会長

<人形劇団むすび座公演>18時開演 ※抽選でご招待
会場:神戸新聞松方ホール
★抽選で、5組10人をご招待★
神戸中央おやこ劇場の鑑賞例会です。

人形劇団むすび座による「アラビアンナイト-魔法のランプと明日のヒカリー」を上演します。

<地元シンガーソングライター歌の広場> ※観覧自由 
会場:神戸新聞本社の商業施設「カルメニ」の、正面玄関前の広場 

兵庫ゆかりのシンガーソングライターによる歌のステージをお楽しみください。

カルメニの詳細については、公式サイトをご覧ください。

【申し込み方法】
事前申し込みや、抽選でご招待するイベントの申し込み方法は次の通りです。

①参加希望のイベント名、時間
②参加者全員の名前
③年齢
④住所
⑤電話番号か、メールアドレス 

以上を明記して、はがきかファクス(078・360・0439)、またはメールでお申し込みください。10月18日(木)必着です。

≪送り先≫
〒650-8571(住所不要)
神戸新聞社 お客さま室「新聞まつり」係

メールで応募される方は、こちらから。

☆発送をもって発表にかえます。

●「神戸新聞まつり」総合窓口●
神戸新聞社 パートナーセンターお客さま室
TEL:078・362・7056(日曜・祝日を除く10~17時半受け付け)
FAX:078・360・0439

インフォメーション

暮らしに役立つ


(C)神戸新聞社